現代、昔に比べ硬いものを噛むことが少しずつ減りつつあり、顎を動かす筋肉の咀嚼筋が弱くなり顔が歪んでいる人が多くなってきていると言われています。また、他にも原因はあり、姿勢の悪さなども関係していると言われています。今回は顔の歪みの原因、対処法についてご紹介していきます。

顔が歪む原因

人間の顔は完全に左右対称とまではいかないですが、顔半分で大きく左右非対称な方は顔が歪んでいると思われます。
顔のどの部位に歪みが出やすいか

・口角の角度に左右差が出る
・ほうれい線の深さが左右で違う
・まぶたや頬の左右どちらかが垂れ下がる
などがあるようです。

また、顔が歪んでいる人には元々の姿勢が悪い方が多く、猫背など姿勢が悪い方は体の骨格が歪んでいる可能性が高く、背骨や骨盤など体を支えている部分が歪んでしまうと顔にも影響があります。他にも、肩こりや腰痛、脂肪がつきやすい等があります。

顔の歪みの改善方法

マッサージやストレッチを行う

顔の歪みを改善するストレッチは、毎日の習慣にしていくことで顔の筋肉をほぐし、少しずつ顔の歪みはなくなっていく場合があります。ここでは自宅でもできる簡単短時間でできるものをご紹介していきます。

・割り箸を使ったストレッチ
1.両手で全体で顔を包み、こめかみ部分に指を当てます。
2.そのままの状態で縦に大きく口を10回開きます。
3.そのまま横に口を20回引っ張るようにします。

・顔のストレッチ
1.割ってない割り箸を用意し、仰向けに横たわります。
2.割り箸の太い部分を縦にして、奥歯で噛みます。
3.これを左右1分間ずつ行うようにしましょう。(肩や首の力を抜き、リラックスして行いましょう)

あまりにひどい顔の歪みが気になる場合は、早めに整体や整骨院で体の歪みなどから診てもらうようにしましょう。また、日常生活からしっかり意識し、マッサージやストレッチを習慣づけていくことが予防にもつながるので毎日少しずつでも続けていきましょう。