「雨が降ると痛みがでる」というのは、昔からよく言われていますよね。
実際多くの人が体の痛みや不調を訴えていて、敏感な人だと雨や台風の接近がその痛みの強さによってわかってしまうほどなんだとか。

雨や曇りなど天気が悪いときになぜ痛むの?

ずばり気圧の変化が体に影響を及ぼしていることが原因と考えられています。
これは「気象病」と呼ばれており、私たちの身体には、常に気圧という空気の重みがかかっています。
低気圧になると、雲が発生しやすく、曇りや雨になりやすくなります。
台風について「熱帯低気圧」と天気予報でも聞いたことはありませんか?
つまり、天気の悪い日は低気圧の中にいるということ。

身体の不調と「低気圧」の関係

低気圧になると私たちの身体は、普段に比べ身体全体を押さえつけている空気の圧力が低くなります。
そうすると、身体は膨張した状態になっています。
わかりやすくたとえると、スナック菓子の登山などに持ち込んだときの膨らみの変化のようなもの。
スナック菓子ほどわかりやすく変化があるわけではありませんが、少なからず影響を受けていることは確かです。

身体が膨張することによっておこる症状は様々ですが、代表的なものとして、むくみ等が挙げられ、そのため全身に倦怠感が起こったり、逆に膨張したことによって、偏りができ、一部の血管や神経に圧力がかかることで頭や各関節への痛みとなって感じることがあります。

通常この気圧の変化に適応するようにできている

本来私たちの身体には、この気圧の変化に適応する働きが備わっていて、天気が崩れたとしても、適応力の差によって、症状が出ない人、出る人が出てきます。さらに、もともとの体質やその日の体調、場所などによっても、影響の度合いは変わります。
この気圧の変化に対する適応力は、大部分を自律神経が担っています。
自律神経には、運動を司る交感神経と休息と内蔵を司る副交感神経があります。
この2つをスイッチのように切り替えることで、変化に対する最適なポジションを保っています。

適応力を高めることはできるの?

適応力を向上するには、自律神経をうまく機能させるようにすることが必要です。
基本は、規則正しい生活を送ること、屋外との気温変化を避ける、しっかり湯船に浸かって入力する、ゆったりとした服を着る、適度に運動や柔軟体操をすることなどは自律神経の安定化に繋がり、また適応力の向上も期待できます。
実際これらの例にあげたものはどれも日常生活に負担なく取り入れられるレベルのものばかりです。
無理せずに、少しずつ意識していくだけでも変わっていくかもしれません。
どうしても痛みが辛い場合には、気圧の変化だけでなく、身体の歪みと合わさって症状が出ている場合もあります。
心配であれば、接骨院や整骨院、整体院などを利用するのもおすすめです。