ストレッチとは

これは、引っ張る・伸ばす、という意味の英単語で、ストレッチング(=stretching)というのは、その、引っ張る・伸ばす動作のことをさしています。

同じ姿勢をとり続けると、体が疲れてくるので、少し体を伸ばすことや、あくびをするというのも一種のストレッチングなのです。
日頃から、整骨院などの信頼できる、柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらい、ストレッチなどを丹念に行って怪我の心配がなくなるようにしていきましょう。

どんな時にストレッチ?

主にストレッチをしたい場面としては、運動前のウォームアップや運動後のクールダウンが挙げられます。
運動前は、これから競技をする、運動をするという意識を筋肉に与えるために、身体を動かしながらストレッチしていきます。

運動後は筋肉が疲労した状態なので、疲労物質を早く除去できるように血流をよくすることを意識し、軽いジョギングなどをし、体をリラックスさせるために座ってストレッチを行うようにするのが良いとされています。

ストレッチは怪我の予防・ケアには必須とされており、怪我から復帰する際に、再発予防のために筋肉の柔軟性を回復することは重要であり、また疲労物質がうまく除去されない状態のまま、競技を続けていると新たな傷害を起こす可能性があります。

ストレッチのメリット

ストレッチのメリットとしては

・身体が柔軟に
・血行がよくなる
・緊張(肉体や精神)が解きほぐされる
・スポーツ活動の効率が高まる
・傷害や筋肉痛の予防
・肉体や精神に活力を与え、疲労を回復させる
・肉体、老化の予防

などが挙げれれます。

怪我の予防やケア、生活習慣の改善を

ストレッチをする際には、息を吐きながら行うなど、リラックスして行うのが良い。そうすると、身体の力が抜けるのです。深呼吸をしながらやってみましょう。
また入浴後は、身体の血流も良くなり、温まっているのでより効果が高くなります。

ストレッチは、スポーツ選手だけががやるものではなく、日常生活にうまく取り入れることで生活習慣の改善や軽い運動になります。
気軽に試してみましょう。

以上のことを注意しながら、何らかの症状がある場合は、早めに信頼のおける整骨院などにご相談ください。
様々な状態にも対処できる豊富な知識や経験を持った柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらいましょう。