寝違えるとどうなる?

眠った後、目が覚めたときに首の後ろ側や、首から肩にかけての部分に痛みが出ることがあり、これを「寝違え」と呼んでいます。首を動かすと痛みが出る時もありますし、痛みで首を動かせない時もあります。

もしもこうした痛みを訴える場合には、信頼のおける整骨院などを探しておき、早目に受診して適切な施術を受けてみましょう。

寝違えの原因

どうして痛みが出ているのかということについては様々あります。
検査、画像などで判断できるような、変化が見られないのが一般的なのです。
はっきとした、これだと言える、原因などは特には上がりません。

睡眠中、不自然な姿勢をとっていたために、一部の筋肉が血液の供給が不足した状態(阻血状態)におちいり、時にしこりとなっている。

前日に、いつもはしないスポーツや労働をして、一部の筋肉が痙攣している、頸椎の後ろの関節(椎間関節)の袋に炎症がおこっている、等々の原因が考えられています。

上半身を使い過ぎ、手で重いものを持つ動作で頸の後ろの筋肉に負担がかかる。
飲酒後の睡眠や、高い疲労後の睡眠などにより寝返りが少なくなる。
長時間のパソコン・事務作業で、頭を一定位置に保持するために頸部の筋肉に負担がかかる。
など、同じ姿勢の持続が原因の場合が多いと思われます。

起床時に痛くなってしまい、数時間~数日くらいで痛みが改善していく場合は、首を徐々に動かしていくことで治まっていくのが一般的です。
もし痛みが非常に強いような場合には、整形外科など受診し、他の病気の可能性がないかを調べましょう。

手足のしびれや、手足の動きは正常か、ハンマーで手足を叩き反応を見る(深部反射)、骨が溶けたりしていないか(X線写真)、などで診察していきます。
単なる寝違えの場合には、首の動きは良くないにしても、診察や検査では特に何も出ないでしょう。

予防や施術

無理に動かそうとすると頚が痛いので、寝違えてしまった時には、痛い方向には動かさない方がいいでしょう。
医療機関などで処方される湿布には、炎症を抑えて痛みを取る薬剤が含まれていますので、痛い部分に貼るのは有効でしょう。

可能ならば、ゆっくりとストレッチするのも有効な場合がありますが、あまり痛みを我慢してストレッチするのは、逆効果になる時もあるので注意が必要です。
マッサージが有効的な場合もあるかもしれませんが、余計に痛くなってしまう場合にはひかえましょう。

こうした症状に関しては、自力で対策することはなかなか難しいものです。
信頼のおける整骨院を見つけておき、日常の中でいち早く相談したいものですね。
ゆがみをこまめに正して、筋肉などを解きほぐしてあげるなど、積極的で根本的な改善を目指してみましょう!