筋肉の痛みとは

まず筋肉の痛みとは当たり前のことですが、名前の通り筋肉に生じる痛みのことを指し、日頃運動をしておらず、たまに運動をしたりすると起こります。
筋肉の痛みには「現発性」のものと「遅発性」の2種類があり、現発性ではトレーニングなどを行っているときに出る痛みで、筋肉が焼け付くような感じがすることもあります。

現発性の場合は運動した後、しばらくすれば痛みは自然になくなります。
遅発性というのは筋肉を使った後1日~数日後に痛みを感じるようになり、通常は数日間で痛みは消えると言われています。

一般的に言われるのは、運動の数時間後から数日後に発生する「遅発性」のことをいいます。
もしもこうした痛みを訴える場合には、信頼のおける整骨院などを探しておき、早目に受診して適切な施術を受けてみてください。

原因

原因としては、筋肉組織の部分的な損傷や炎症とされています。
激しい運動をすると、筋繊維や結合組織などが損傷して、それを修復しようと、カリウム・ブラジキニン・ヒスタミンなどの痛みの出る物質が神経を刺激したり、炎症を起こしたりして痛みが出ます。

また筋肉は、脳からの信号を受けて伸縮し、それによって複雑な動きをしたり、強い力を生み出すことができます。
そのため多くのエネルギーが必要で、糖分や脂肪分を燃やして燃料にしています。

スポーツなどで運動をするとエネルギーが消費されて、酸素や栄養を供給する血流が不足してしまいます。
それにより痛みを受ける神経が敏感になるので、大量のエネルギーの老廃物や乳酸が体内に蓄積され、それが筋肉などを刺激するのです。この刺激によって筋肉に痛みや腫れ、熱を感じるわけです。

筋肉の痛みと年齢

日常生活でも乳酸というのは作られていますが、通常はそれほど多い量ではないので、血液が回収して体外へ排出することが出来ます。
しかし運動をすることによって血液が回収できる量を上回る乳酸が作られるので、血液中に残ってしまいます。乳酸が溜まってくると、筋肉は固くなり、スムーズな伸縮が出来なくなって、痛みや炎症を引き起こすことになるのです。

また筋力トレや激しい運動を行った翌日は何もないのに、翌々日になってから筋肉の痛みに襲われたりすると「年を取ったせいだ」とよく言われますが、本来筋肉の痛みに年齢は関係ないとされています。

実際に年齢で筋肉の痛みが出るまでの時間に差があるというデータなどはないので、加齢によって痛みの出が遅くなるというのは仮説と言わざるを得ません。
どちらかというと、「日頃からどれだけ運動をしているのか」に関係していると思います。
普段から筋肉をよく使っていて、筋肉を活性化させている人ほど痛みが早く出て、逆に筋肉が鈍っている人ほど遅く出る傾向があり、運動をしている人はしていない人と比べて痛感神経の感受性が高いため、その分早く痛みを感じると言われています。

予防、早期改善

予防法としては、ウォーミングアップ、クールダウン、アイシング、マッサージ、入浴などが挙げられます。
対策の基本は(温める→冷やす→温める)です。運動の後で痛みがまだない時は温めると効果的ですが、炎症が酷い時は温めると、炎症を促進してしまうことになるので冷やすようにしてください。

以上のことを注意しながら、何らかの症状がある場合は、早めに信頼のおける整骨院などにご相談ください。
様々な状態にも対処できる豊富な知識や経験を持った柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらいましょう。