スポーツ、運動をしている時に、踏み外したり、捻ったりして捻挫をしてしまったという時に、自分や同行者が捻挫した時の応急処置の方法などをご紹介していきます。

応急処置の基本はRICE

RICEとは、RICE療法という怪我をしたときの基本とされている応急処置方法のことで、4つの応急処置の頭文字からそういわれています。
捻挫や骨折、肉離れや打撲といった怪我をした時にこの応急処置方法をとることにより、痛みや腫れがひどくなることを防ぎ、治りを早くすることができますので、もし怪我をしてしまったらすぐにRICE療法を行うと良いでしょう。

REST 安静

患部を動かさずに安静にして休ませましょう。移動がどうしても必要な時は、杖の代用になるものを使用するようにして体重をかけないように気をつけましょう。

ICE アイシング

氷のうやバケツに入れた氷水、流水などで患部を冷やしましょう。冷やすことで痛みを軽減することができ、内出血や炎症を抑えます。また、冷却スプレーや保冷パックなども効果が期待できます。

COMPRESSION 圧迫・固定

包帯や長い布、テーピングなどで固定して内出血や炎症が治まるのを早めます。

ELEVATION 拳上

患部を心臓より高く上げる事で、内出血や炎症が治まるのを早めることができます。

アイシングして固定する正しい方法

アイシング方法

氷をビニール袋などに入れて簡単な氷のうを作ったり、ない場合は流水や保冷剤で冷やしましょう。タオルやバンダナを水で濡らして軽く絞ったものを患部に当てても代用することができます。

また、ずっと冷やし続けるのではなく、30分〜1時間程度冷やしたら2〜3時間冷やすのをやめて患部を休ませましょう。冷やしたり休ませたりすることを繰り返し行うと良いでしょう。

固定方法

冷やすとともに、患部をできるだけ動かさないようにテーピングや添え木を使用し固定しましょう。捻挫をすると足首が不安定になってしまい、余計に痛みが強くなる場合があります。また、足首を支えている靭帯が伸びてしまうことを防ぐためにも固定が必要です。